剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >  防具と竹刀 >  防具について

防具について

剣道 防具防具は、剣道が現在のようなスタイルになる以前からさまざまな流派が独自に防具を考案していました。現在のような形になったのは、江戸時代、、宝暦、昭和の頃と言われています。


今の防具に近い工夫をして、竹刀剣道を草案してのは、「一刀流の中西忠蔵」、「直心影流の長沼四郎左衛門」と言われています。


今では、改良され使用しやすく、安全な構造や材質を持つようになっています。


防具は、使用した後の乾燥をはじめとし、ケアをすることが大切です。稽古の時に身を守るものとして、重要なものなので、破損したものは使用せずに、修理をしてから使用しましょう。


防具をつける順番は、垂れ→胴→手ぬぐい→面→小手になります。

防具と竹刀

防具と竹刀について説明します。防具の垂れ、胴、手ぬぐい、面、小手のつけ方を記載します。

関連エントリー

袴(はかま)と剣道着のつけ方  防具のつけ方  竹刀について  防具について 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク