剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >  基本知識 >  昇段審査の基準

昇段審査の基準

昇段審査の基準について以下に記載します。
全日本剣道連盟に書かれている内容をまとめました。

初段

 付与基準・・・剣道の基本を修習し、技倆良なる者
 受審資格・・・ 一級受有者で、中学校2年生以上の者

二段

 付与基準・・・剣道の基本を修得し、技倆良好なる者
 受審資格・・・初段受有後1年以上修業した者

三段

 付与基準・・・剣道の基本を修錬し、技倆優なる者
 受審資格・・・二段受有後2年以上修業した者

四段

 付与基準・・・剣道の基本と応用を修熟し、技倆優良なる者
 受審資格・・・三段受有後3年以上修業した者

五段

 付与基準・・・剣道の基本と応用に錬熟し、技倆秀なる者
 受審資格・・・四段受有後4年以上修業した者

六段

 付与基準・・・剣道の精義に錬達し、技倆優秀なる者
 受審資格・・・五段受有後5年以上修業した者

七段

 付与基準・・・剣道の精義に熟達し、技倆秀逸なる者
 受審資格・・・六段受有後6年以上修業した者

八段

 付与基準・・・剣道の奥義に通暁、成熟し、技倆円熟なる者
 受審資格・・・七段受有後10年以上修業し、年齢46歳以上の者


剣道 昇段審査段位を受審しようする場合は、加盟団体の登録会員である必要があります。また、上記の資格を必要になります。

基本知識

剣道の基本知識について記載します。

関連エントリー

子供の習い事  昇段審査の基準  日本剣道形とは? 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク