剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >  防具と竹刀 >  袴(はかま)と剣道着のつけ方

袴(はかま)と剣道着のつけ方

剣道の袴と剣道着袴(はかま)と剣道着の説明とつけ方について説明します。


袴(はかま)

裾が後ろに上がり、前さがりの状態になっているのが良いです。袴の長さは足のくるぶしが見える程度です。


1、裾の部分が足首くらいにして袴の前の部分を下腹部に当て、左右の紐を後ろから前に回して締めます。
2、さらに後ろに回して結びます。


3、腰板を腰の位置に当て、左右の紐を前に回して交差させます。
4、交差した紐の一方を前紐の上から絡み通して下腹部を締めます。もう一方も同様に行います。


袴が二つに分かれているのは、「馬に乗るため、早く動けるように」という理由があるからです。


剣道着

大切なことは、胸元をしっかりと締めることです。これにより、襟がしっかりと固定されます。襟が固定されることで、自然と襟が立ち、首がすわるようになります。

防具と竹刀

防具と竹刀について説明します。防具の垂れ、胴、手ぬぐい、面、小手のつけ方を記載します。

関連エントリー

袴(はかま)と剣道着のつけ方  防具のつけ方  竹刀について  防具について 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク