剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >  稽古と練習方法 >  稽古で行うこと

稽古で行うこと

剣道の稽古剣道の稽古には、「基本動作の稽古」、「対人的技能の稽古」、「実戦稽古」の3種類があります。


基本動作

構え方」、「動き方」、「竹刀の操作」の仕方などです。実戦場面でも使用する基本となる動作になります。確実に身につけておくべきことになります。


対人的技能

「打ち込み稽古」、「切り返し」、「技の稽古」、「掛かり稽古」などです。間合いやタイミング、相手の攻撃をかわして反撃することを目的とします。


実戦

基本動作や対人的技能の稽古で得た技術を使用して、「一本」をとったり、相手の攻撃をかわしたりすることを体験します。工夫しながら実戦の体験を行うと上達が早くなります。実戦で上手にできたかったことは、「一人稽古」などで、基本の確認や、補強を行いましょう。

稽古と練習方法

剣道の稽古と練習方法について紹介しています。基本となる稽古から実戦稽古まであります。

関連エントリー

打ち込み稽古  稽古に大切なこと  稽古で行うこと 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク