剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >   >  面打ち

面打ち

剣道 面打ち剣道の面打ちの流れについて記載します。


1、相手と構え合った状態の時は、膝が折れず、左の腰と左手が一体となっている感じを保持しておきます。
2、打突の始まりは、剣先と上体を維持し、右足のつま先から床を擦り込むように行います。


3、左足の踏み切り開始と同時に竹刀を振り上げます。
4、竹刀の振り上げ方は、左手の薬指、小指が緩まないように締めます。そうすることで、振り下ろしの操作をスムーズに力強くできるようになります。


5、右足の踏み込みタイミングに打突の瞬間を合わせます。
6、両肘を十分に伸ばして打突を行います。


7、打突後は、左足の引き付けを素早くすることで体勢を立て直します。その後は、小さな送り足を素早く行うことで打ち抜けます。
8、打突後は、剣先が大きく跳ね上がらないようにします。

剣道の技の説明をしています。面打ち、小手打ち、連続打ちについて記載しています。

関連エントリー

胴打ち  小手打ち  面打ち 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク