剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >   >  小手打ち

小手打ち

剣道 小手打ち剣道の小手打ちの流れについて記載します。


1、と同様に構えの留意点を確認します。
2、目付けが小手に向けられがちです。小手は、最も近い距離にあるため、間合いが近くならないようにします。


3、面を打つような打突の始まりで、手元はそのままを保持した状態で、小さく振り上げます。
4、相手の剣先を自分の竹刀が超えるようにします。


5、自分の剣先は、できる限り上下の動きのみとし、左右にずれないようにします。
6、右足の踏み込みに伴って両肘を伸ばしながら、手の内を効かせて振り下ろします。


7、打突時には、左こぶしが下がらないようにし、剣先を前方に素早く持っていきます。
8、打突後は、手の内を緩め、伸ばした両肘を曲げながら、相手に身を寄せます。

剣道の技の説明をしています。面打ち、小手打ち、連続打ちについて記載しています。

関連エントリー

胴打ち  小手打ち  面打ち 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク