剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >   >  胴打ち

胴打ち

剣道 胴打ち剣道の胴打ちの流れについて記載します。


1、胴は最も遠い位置にあるため、注意する必要があります。
2、右足を右前方に送り出し、剣先を振り上げることにより、相手の手元を浮かせます。


3、胴であることを相手に気づかれないようにします。
4、相手の胴に隙ができた時に、手首を返して、相手の右胴を打ちます。
5、打突後は、左足を引き付け、右前方に体の正面を向けた状態で打ち抜けます。

剣道の技の説明をしています。面打ち、小手打ち、連続打ちについて記載しています。

関連エントリー

胴打ち  小手打ち  面打ち 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク