剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >  稽古と練習方法 >  稽古に大切なこと

稽古に大切なこと

剣道 稽古無駄打ちをむやみに出すのではなく、「ここだ」という時に的確にとらえる「良い一本」を目指す必要があります。


3つのポイント

1、打突前の構えの充実、気力の充実です。
2、中途半端に打つのではなく、打ち切り、打ち抜くことです。
3、打突が失敗した場合は、次の打突の機会を狙います。


稽古では、工夫をして行う必要があります。「攻め方」、「打突の仕方」、「防御の仕方」などを考えながら工夫を行いながら、稽古をしましょう。「崩れ」、「崩し」を意識して「よりよき一本」を目指しましょう。

稽古と練習方法

剣道の稽古と練習方法について紹介しています。基本となる稽古から実戦稽古まであります。

関連エントリー

打ち込み稽古  稽古に大切なこと  稽古で行うこと 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク