剣道の昇段審査と防具・ルールの道 Top >  防具と竹刀 >  防具のつけ方

防具のつけ方

剣道 防具のつけ方防具について」は、以前記載しました。今回は、防具のつけ方について説明したいと思います。防具の順番どおりのつけ方で以下に記載します。防具は、正座をしてつけるようにしましょう。


垂れ

 1、垂紐を後ろに回します。
 2、しっかりと締め、真ん中の大垂の下で結びます。


 1、胴紐の長い方を背中を通して、反対側の胸乳革で結びます。
 2、そして、腰紐を結んで完成です。


手ぬぐい

 1、手ぬぐいの端と端を持って広げます。
 2、額から滑らせ後頭部にかけます。
 3、手を前に持ってきて、左右の持っているところを入れ替えます。
 4、一方をこめかみのところで止めます。反対も同様に行います。
 5、顔の前に垂れている部分を二つ折にします。
 

 1、面をかぶります。
 2、後ろ紐の面紐が後頭部にかかていることを確認します。
 3、紐を引っ張って締め、後ろで結びます。紐の長さが20cm程度になるようにします。


小手

 1、小手布団を持って左小手からつけます。
 2、右小手をつけます。
 3、小手をつけてから紐をきつく結ばないようにしましょう。

防具と竹刀

防具と竹刀について説明します。防具の垂れ、胴、手ぬぐい、面、小手のつけ方を記載します。

関連エントリー

袴(はかま)と剣道着のつけ方  防具のつけ方  竹刀について  防具について 


防具と竹刀
稽古と練習方法
基本知識
基本動作
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク